ゆめきぼ 放射線技師の腹膜透析日記

診療放射線技師であり、腹膜透析患者であり、小学1年生の父親であり、難病患者でもある私シスキドの仕事や日常を発信していきます。

カテゴリ:教育 > プログラミング

2020年度から始まる小学校でのプログラミング必修化。

先日『小学校のプログラミング教育がめざすもの』で述べたようにどの教科でプログラミングが導入されるかわかりません。

それでもプログラミングの考え方を身につけていくとこは可能です。

さて、どのようにして自宅で子供にプログラミングを身につけさせていけばいいのしょうか?

プログラミング教室?それとも自宅学習?

近年、急激に小学生対象のプログラミング教室が増えてきています。
プログラミング教育の必修化が決まったことによりこの分野に進出してくる事業者が増えてきているようです。
レゴブロックを使ったり、ロボットを使ったり、さまざまです。
プログラミングソフトscratch(スクラッチ)を使ってパソコン上でプログラミングを行う教室もあります。
どの教室もかなり費用が高めに設定されています。以下にプログラミング教室を載せておきます。

STAR Proguramming School

Teck Kids School

LITALICOワンダー

TENTO

SMILE TECK


わが家もそうですが、まだ、始まっていないものにお金は出せないというご家庭も多いと思います。
とりあえず自宅で親が教えながらやることはできないかと思い調べました。
親が教えるというより親もいっしょに学ぶと言ったほうがいいでしょうか。

そして、見つけたのがscratchというプログラミングソフトです。
このscratchは先ほど紹介しましたが、実際にプログラミング教室でも使われています。
scratchはweb版とダウンロード版がありどちらも無料です。
そしてテキストとして使えそうな本も出ています。
ちなみに文部科学省がwebで『プログラミン』という無料ソフトを提供していますが、scratchを参考にしています。

わが家ではscratchの本を買って息子のはるくんとやってますが、全くの初心者の私とはるくんでも十分楽しみながらプログラミングできています。その光景は『プログラミングはじめました』に載せてあります。






このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、プログラミング教育が必要なのか?


2020年度よりプログラミングが小学校で必修化されることをご存知の方も多いと思います。

では、なぜ国はプログラミングを導入することにしたのでしょうか?

文部科学省が作成した『小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)』という文書があります。
この文書から導入の目的が見えてきます。

文書では以下のようなプログラミング教育を通じて目指す育成すべき資質・能力が挙げられています。

1.身近な生活でコンピュータが活用されていることや、問題の解決には必要な手順があることに気付くこと。[知識・技能]

2.発達の段階に即して、「プログラミング的思考」を育成すること。[思考力・判断力・表現力等]

3.発達の段階に即して、コンピュータの働きを、よりよい人生や社会づくりに生かそうとする態度を涵養すること。[学びに向かう力・人間性等]


プログラミング教育を行う場合、この上記3点を抑えていくことが重要であるということがわかります。

要するにコーディング(プログラミング言語を用いた記述方法)を覚えることがプログラミング教育の目的ではないということです。

どうしてもわれわれ大人はプログラミング教育と聞くとプログラミング言語を学ぶものと勘違いしがちです。私もてっきり小学校卒業までになんかしらのプログラミング言語を覚えて自分でプログラムを作るものだと考えていました。妻もまったく同じことを考えていました。
正直この文書を見なければ、ずっと勘違いしたままだったでしょう。
プログラミング教育の目的を簡単にまとめると論理的思考をプログラミングを使って培っていくということでしょうか。

さらに必修化だからと言ってプログラミングという教科ができるわけではないということも文部科学省は述べています。

現在ある教科の中から各学校によってプログラミングを導入する教科を決めて行われるそうです。
たとえばある学校では算数の時間にプログラミングを扱ったり、ある学校は理科の時間に扱ったり、学校の裁量に任されているということです。

以上のことを踏まえたうえで、今後の自宅学習にもプログラミングの考え方を先取りで導入してみてもいいのではないでしょうか?






このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も『小学生からはじめるわくわくプログラミング』を見ながらscratchで100mハードルのプログラミングに挑戦です。

はるくんのマウス操作もだいぶ良くなってきました。
スムーズにプログラムのブロックをスクリプトに入れてプログラミングしていきます。
まだ、本の通りにブロックをくっつけているだけに見えますが、思ったよりわかってやっているようです。
この短期間でプログラミングの仕組みというものを理解し始めているのかもしれません。

ただ、まだ小学1年生。わからない言葉にとまどうことが多いです。
私も本を読んで理解するのが大変な部分が出てきました。

私「x軸、y軸❓あー、そういうことか」

はるくん「そういうことってどういうこと?」

私「x軸が横で、y軸がたてってこと」

はるくん「何言ってるかわからない」

このあと紙に図を描いて説明しました。
こういうところをもう少し親切に書いてくれてるとありがたいんだけどと思いつつ、できるだけわかりやすく説明しました。どこまで理解できたかは不明ですが、ジャンプするプログラミングまでは終了です。
今日は今までで一番たいへんだったと思います。ここまでで今日は終わりにします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ