昨日、一昨日と痛みと闘う壮絶な二日間でした。

29日、朝8時45分に血管撮影室にはいり、腎動脈塞栓術の準備がおこなわれます。
始まる前に前日背中に入れた硬膜外麻酔のカテーテルに麻酔薬を注入し痛みのコントロールをします。
右の鼠径部にある大腿動脈を切開し、腎動脈に向けてガイドワイヤーを進めていきます。ガイドワイヤーとはレントゲンに写る非常に細いワイヤーです。このガイドワイヤーを目的部位に到達させ、それにそってカテーテルを入れていきます。このときは局所麻酔を使っているためいたみはないです。ただ、押されるような違和感は伴います。

カテーテルを腎動脈に到達させてから塞栓術が始まります。
まず造影剤を使ってカテーテルが腎動脈の位置にあるかを確認します。この造影剤が入るときおなかが熱くなります。
造影剤による撮影で腎動脈の位置にカテーテルがあることが確認できたら、動脈をマイクロコイルと言う非常に小さなコイルで腎動脈の本管から出ている腎臓に行く枝の動脈をふさいでいくのです。
その塞ぐ過程で痛みを感じます。麻酔が効いていてもかなり痛みます。
まるで腎臓を強い力で握られているような感じです。あまりの痛みに先生に訴えます。すると麻酔が追加され意識が朦朧としてきました。

12時半ころ病室に戻ってきたことは記憶にあるのですが、様々な痛み止めを使ったためしっかりと意識が戻ったのは夕方でした。
そうすると今度は痛みとの闘いです。じっとしていても背中から腰にかけて激しい痛みが襲います。七転八倒とはこのことを言うのかもしれません。

次の日も痛みとの闘いです。全く動くことができません。そして、気づいたことがあります。全く尿が出ないのです。これは動脈塞栓術の成功を意味します。今まで当たり前に出ていた尿が出ないのは変な感じです。

そして今日。
昨日までの痛みが嘘のように軽くなりました。多少動くときに痛みがありますが動けないほどではありません。ただ、今度は39度近く熱が続いています。この熱が下がってようやく退院が見えてくるようです。

もう少しだけ我慢です。