どしゃ降りの雨の中、入院しました。
今日は主に問診がメインです。
検査は胸のレントゲンと負荷心電図のみでした。
ただ、問題なくいくはずが初日から問題発生です。
普段腹膜透析で使っている透析液が、この病院では採用されていなかったのです。別な透析液を使うしかないそうです。ただ、単純に透析液を変更するだけでは、ダメなことをしらされます。私のカテーテルの連結部の形状が異なるため、この病院の透析液を連結できないのです。そこでその透析液と連結できるカテーテルに付け替えることになりました。

付け替えるとある問題が二つあります。
ひとつ目は外泊ができないことです。家にある透析液が連結できないため、外泊時に透析ができないのです。
入院時の先生との面談では土日の外泊の許可が出ていただけに残念です。その代わり短時間の外出だけはできるようです。

二つ目は連結に使う機械が違うことです。今まで使い慣れた機械が使えず、新たに機械の使い方を覚えなければなりません。
どう見ても一昔前の機械です。
看護師さんから聞いたところ私が普段使っている透析液は最新のものとのことです。この病院ではその透析液の導入が遅れているとのことでした。さらに、今回使うことになった透析液は普段使っているものに比べて腹膜に かかる負担が大きいそうです。
病院の外観や病室に新しさを感じるだけに、違うところに目を向けてほしいと思います。