今日は母の日でした。息子はお母さんにプレゼントをあげるんだと言って、2週間ほど前からこの日を楽しみにしていました。
母の日のプレゼントには花を買いたいと私に話していたので、二人で公園に遊びに行った帰りに花屋に寄りました。

花屋は母の日のカーネーションを買うお客さんで混雑していました。母の日がここまで浸透しているのだなと実感します。私の母は20年以上前に他界しています。母がいたときは、ここまで母の日は盛り上がっていなかったように思います。

息子と花屋の中を見て回ります。私は花屋に来ることは滅多にないので、多くの花や見慣れない植物に圧倒されました。店内を回っていると、不思議といい気持ちになります。やはり植物の持つ癒し効果は素晴らしいです。
一通り店内をみて回ったので、息子にカーネーションを買って帰ろうと促します。すると、息子がカーネーションは嫌だと言い出しました。理由を聞くと、カーネーションの花の形が好きじゃないというのです。私は息子にどういう花がいいのか聞くと、鉢植えの花のコーナーへ私を連れて行きました。そこには、鉢植えの高そうな花たちが鎮座しています。その中から息子が指差したのが、胡蝶蘭でした。金額を見るとかなりお高いです。カーネーションなら1本350円です。胡蝶蘭は桁が違います。息子に今あるおこづかいで足りるのかを確かめます。
すると、隅にある小さな鉢植えを指差して、これなら買えると言いました。その鉢植えにはマイクロ胡蝶蘭と書いてあります。こんな胡蝶蘭があるなんてはじめて知りました。紫のちいさな花がとても上品に咲いています。その鉢植えには2000円の値札が。先日ようやくおこづかいが2000円たまったと喜んでいたのに、おこづかい全部使っても、それを買いたいと言って聞きません。結局、息子の熱意に負けて、マイクロ胡蝶蘭の鉢植えを買うことにしました。ただ、せっかく貯めたおこづかいをすべて使わせるのはかわいそうなので私の妻への感謝もあわせて二人で半分ずつ出すことにしました。KIMG2489


家に帰って、息子から妻にマイクロ胡蝶蘭の鉢植えを渡すとすごく喜んでいました。妻もこんなにいいものをもらえると思っていなかったようです。早速リビングに鉢植えを置いて3人で鑑賞します。ものすごい小さな花ですがリビングに置くと、しっかりとした存在感があります。
うちでは家の中に花を飾る習慣はありません。でも、たった一つの花があるだけでこれだけ家の中の印象が変わることに驚きました。
これからは家の中にも花を飾っていこうと家族3人で決めました。
本当に今日はとても幸せな母の日でした。