今日は横浜市こども植物園へ『春の草木染教室』に親子で参加してきました。
草木染は私も初めてなのでとても楽しみです。

寒い雨の中8組の親子が参加です。
草木染教室の行われる部屋は草木から染料を煮出すため、大きな鍋を火にかけています。
そのおかげでとても暖かく過ごせました。

最初に簡単な講義を受けてから、実際に染めていく作業に取り掛かります。
今日使う草木は『くり』『ローズマリー』『柿』です。
今回はふきん1枚、トートバッグ2枚を染色します。

作業工程は下のような感じです
  1. 模様つけ:板や輪ゴム、洗濯ばさみを使い模様を作ります。
  2. 1回目の染色:煮立った染色液の鍋の中へ染色する布を入れます。20分煮込みます。
  3. 媒染(ばいせん):鍋から出した布を媒染液に浸けます。20分浸けこみます。
  4. 2回目の染色:媒染液から取り出した布をまた染色液の鍋に入れます。20分浸します。
  5. 洗い:染色駅から出した布を流水で洗います。脱水して完成です。
そこまで難しい工程はなかったのですが、完成したものを見て、模様付けをもう少ししかっりした方がよかったなと二人で反省です。

染色中
媒染液の中に入れて煮込んでいるところです。

草木染手ぬぐい
ローズマリーで染めたふきんです。淡い黄緑色をしています。
模様は一番上手にできました。

草木染とローズマリー
柿で染めたトートバッグです。こんな色になるなんて想像もしませんでした。
隣はおみやげにいただいたローズマリーです。

自然の草木から、このように思いもよらない色に染められるということを体験できてとてもよかったです。
他にも今後様々なイベントがあるそうなのでまた足を運びたいと思います。